トップページ > 静岡県

    このページでは静岡県で高級車の買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「高級車の買取相場を調査して高く買い取ってくれる静岡県の買取業者に売却したい」ということを思っているなら以下で紹介しているオススメの車買取業者でリサーチしてみてください。

    高級車を高く買い取ってもらうためにやるべきことは「静岡県にある複数の車買取店で査定の依頼をする」です。1つの業者だけとかなじみのディーラーで下取りということを考えている場合はどう考えても損をするので考え直してください。

    車一括査定なら入力もすぐに終わるので時間がかかりません。静岡県にあるいくつかの車買取専門店からの査定額を比較できるので、あなたが大切に乗ってきた高級車の買取値段の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車見積もりの為の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーと想像してしまうくらい有名なので安心して利用できます。
    提携業者も1000社以上と断トツの多さ!最大で50社に高級車の買取査定依頼をすることが可能。

    中古車一括サービスは申し込むといつくかの車買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話での連絡はありません。
    もちろん、静岡県対応で利用料は無料です。

    「高級車を少しでも高く売りたいから買取相場がいくらか知りたいけど、電話で営業されるのは…」という場合はメールのやりとりで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが今乗っている高級車の買取相場分かりますし、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までなかった画期的なサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が概算価格を入札するので、数年落ちの高級車でも静岡県で高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用してすぐに多くの会社から見積もりの営業電話があるのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社からのみ!電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    高級車の実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数№1の車買取の一括サイトです。わずか45秒もあれば入力ができますし、申し込みと同時に中古車の概算買取相場が表示されるので、「数年落ちの高級車の買取相場ってどれくらい?」と感じているならおすすめです。

    査定依頼後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした厳選された業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。
    車買取業者から電話があった時はすぐに即決することなく、静岡県に対応しているいくつかの買取業者に査定の依頼をすることで長年乗った高級車でも高価買取の可能性が高くなります。

    最大で10もの会社が高級車の見積もり査定をしてくれるので、一番高い金額を提示してくれた車買取業者にあなたの高級車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の概算価格が表示される有名な車買取一括サービス。
    提携業者も約220社と多く、最大10社があなたの高級車を査定してくれます。

    少しでも多くの買取業者に査定額を出してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比べることができるので、静岡県に対応している複数の買取業者に依頼をして長年大事に乗ってきた高級車を1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    輸入車・外車を専門にして既に創業から15年以上、年間の取扱車両は輸入車・外車のみで約1500台。静岡県対応で出張査定は無料です。

    外車王は輸入車や外車に特化した輸入車の買取専門業者なので、輸入車の高級車を売るなら日本車メインの買取店より高く売ることができる可能性が高いです。
    そういったこともあるので、輸入車の高級車を売るなら最初にランキング上位の車買取一括査定サイトを利用して買取査定額を調べてみてください。

    複数の買取店に査定依頼をした後で、最後に外車王に査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い買取価格を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきた高級車を売却しましょう。







    これは中古車査定の場合だけではなくて、どんなジャンルの場合でも同様ですが、レビューには絶対と言って良いほど否定的なものがあります。

    数個の悪い口コミを発見しても、数個の悪いコメントだけに左右されてしまうと結局何も出来ないままになるのではないでしょうか。

    レビューはあくまでレビューとして参考にするだけで、先ずは自分から無料の査定申し込みを行ってみて、査定時に自分で持った感想で判断していくことがベストな方法です。

    程度にもよるので一概にはいえませんが、煙草の臭いが車内からするときには中古車売買の際にはマイナス査定の対象になります。

    タバコを吸っていたことが明らかに分かってしまう車は、禁煙車にしようと考えているユーザーには売ることが非常に困難だからです。

    これらのたばこ臭さの元凶になっているのは、ヤニ汚れで、その車のどこかに付着しています。

    売却する前にその車を一生懸命に掃除してあげれば、かなりの部分でタバコ臭を軽減できるはずです。

    査定の専門家には単純な嘘はすぐにバレるので止めましょう。

    良くあるケースでは、事故歴や修理歴のある車なのに、これらが理由で低い見積もりを出されたくなくて嘘はちょっと調べれば直ぐに判別がつきますし、ウソをついてしまったという事実があるとスタッフに「この人は信用出来ない」と思われて当然でしょう。

    でまかせを言ったことが原因で、査定額は厳しくなるかもしれないことが起こっても仕方ありませんから、事故歴などについては変に隠そうとせずにしっかりと言った方が良いのです。

    たとえ車そのものは綺麗でも走行距離が10万キロを超えるとなると、よく過走行車と言われ、査定サイトなどを使って売ろうとしてもタダ同然になることが多いです。

    見えない故障などのリスクを懸念して値付けができないのは、事故車も過走行車も共通しています。

    そんな時は最初から普通の買取業者ではなく、多(過)走行車や事故車を専門に扱う買取業者に相談したほうが値がつきやすいです。

    もしくは買取りはあきらめて、ディーラーでの買い替え時に下取りに出せば、これからお客になってくれると考えますから、値段がつく可能性が高くなります。

    中古車の査定士は訪問査定時に決まった項目に従い、買取対象となる車の査定をしています。

    その項目が基準点からどれだけ良いか悪いかを見た上で、客観的な価格決めを行うわけです。

    採点されるポイントは、当然ながら事故歴、そしてボディの状態(キズ、へこみ)、過去の修復に関することと、他に忘れてはならないのは総走行距離数です。

    専門家は多数の車を見てきていますし、過去の修理歴について忘れたと言ったり、知らないふりをしても、一目瞭然です。

    いくら売却したいと思っていても、査定のためにお店に突然車を乗り付けていくのは得策ではありません。

    相場もわからなければ、よその店の査定額も知らない状態ですから、足元を見られることもあり得ます。

    もっとも、良いところもないわけではありません。

    それは、スピードです。

    現物はすでに店舗に乗ってきているのですから査定を待つばかりですし、売買契約に必要な書類や印鑑が揃っていれば、その日のうちに契約締結も可能です。

    一度払った自動車税は還付されないと思っている人が多いでしょうが、月割りで還付されるケースがあります。

    これは、普通自動車を売りに出したりしないで廃車にしたときです。

    軽自動車に関してはまた別で、自動車税が月割で返金されることはないのです。

    でも、自動車税の残り期間がかなり残っている場合などは、買取店側が税金分を査定金額に上乗せしてくれるケースが多いでしょう。

    良心的な業者があると言っても、査定の時に税金分はどうするかについていちいち説明してくれるとは限りません。

    じっさいに売ってしまう前に必ず聞いておくと良いでしょう。

    自分ではきちんと注意していたとしても、前もって予測することが不可能ないざこざに巻き込まれてしまうことがありますね。

    車を売るときにたまに見かけるケースとしては、契約成立後になってはじめて問題に気付きましたといわれて実際の買取金額を下げる場合があります。

    このような場合に、もし自分側が事故や故障などの履歴を隠していたケースならば売却する方に責任があるでしょう。

    でも、隠し事をしていたりしないのであれば、見積もり時に見落とした方が悪いので、自ら承服する必要はないと言えます。

    一般的に中古車を見積もりする場合には、目につくキズや凹みが存在すれば見積もりの際に減額されることがほとんどです。

    目立つ傷があっても、素人が自分で修理することはオススメできません。

    自動車修理の技術が優れていなければ、ちょっと見たときには綺麗そうでも専門家の目で見たら綺麗には直っていない事もままあるからです。

    でも、見積もりに出す前に車の修理を依頼する方が良いという事ではないのであらかじめ知っておくと良いでしょう。

    きちんと修繕するために使った金額以上に査定額がプラスされることはなく、最終的には損をする結果になってしまうのが明白だからです。