トップページ > 東京都

    このページでは東京都で高級車の買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「高級車の買取相場を調査して高く買い取ってくれる東京都の買取業者に売却したい」ということを思っているなら以下で紹介しているオススメの車買取業者でリサーチしてみてください。

    高級車を高く買い取ってもらうためにやるべきことは「東京都にある複数の車買取店で査定の依頼をする」です。1つの業者だけとかなじみのディーラーで下取りということを考えている場合はどう考えても損をするので考え直してください。

    車一括査定なら入力もすぐに終わるので時間がかかりません。東京都にあるいくつかの車買取専門店からの査定額を比較できるので、あなたが大切に乗ってきた高級車の買取値段の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車見積もりの為の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーと想像してしまうくらい有名なので安心して利用できます。
    提携業者も1000社以上と断トツの多さ!最大で50社に高級車の買取査定依頼をすることが可能。

    中古車一括サービスは申し込むといつくかの車買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話での連絡はありません。
    もちろん、東京都対応で利用料は無料です。

    「高級車を少しでも高く売りたいから買取相場がいくらか知りたいけど、電話で営業されるのは…」という場合はメールのやりとりで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが今乗っている高級車の買取相場分かりますし、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までなかった画期的なサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が概算価格を入札するので、数年落ちの高級車でも東京都で高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用してすぐに多くの会社から見積もりの営業電話があるのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社からのみ!電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    高級車の実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    電話も査定も1回きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数№1の車買取の一括サイトです。わずか45秒もあれば入力ができますし、申し込みと同時に中古車の概算買取相場が表示されるので、「数年落ちの高級車の買取相場ってどれくらい?」と感じているならおすすめです。

    査定依頼後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした厳選された業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。
    車買取業者から電話があった時はすぐに即決することなく、東京都に対応しているいくつかの買取業者に査定の依頼をすることで長年乗った高級車でも高価買取の可能性が高くなります。

    最大で10もの会社が高級車の見積もり査定をしてくれるので、一番高い金額を提示してくれた車買取業者にあなたの高級車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の概算価格が表示される有名な車買取一括サービス。
    提携業者も約220社と多く、最大10社があなたの高級車を査定してくれます。

    少しでも多くの買取業者に査定額を出してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比べることができるので、東京都に対応している複数の買取業者に依頼をして長年大事に乗ってきた高級車を1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    輸入車・外車を専門にして既に創業から15年以上、年間の取扱車両は輸入車・外車のみで約1500台。東京都対応で出張査定は無料です。

    外車王は輸入車や外車に特化した輸入車の買取専門業者なので、輸入車の高級車を売るなら日本車メインの買取店より高く売ることができる可能性が高いです。
    そういったこともあるので、輸入車の高級車を売るなら最初にランキング上位の車買取一括査定サイトを利用して買取査定額を調べてみてください。

    複数の買取店に査定依頼をした後で、最後に外車王に査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い買取価格を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきた高級車を売却しましょう。






    車買取コラム

    一般的に、中古車査定業務において査定者が所持すべき国家資格は特にありません。

    でも、中古自動車査定士と呼ばれる民間資格があり、これは国が後援しています。

    中古自動車査定士の資格は日本自動車査定協会によって認定されるものであり、小型と大型車に分別されています。

    実務経験が半年以上あって、学科と技能試験に受からないと資格取得が叶わないので、中古自動車査定士の資格があれば、ある一定以上の経験や技能があるということがお分かりになるでしょう。

    沢山の会社に車の一括査定を依頼できるサイトがインターネット上には多くあります。

    そして、自分の名前を記載せずに査定を受け付けてくれる場合もあります。

    査定金額が幾らぐらいになったかを知るために連絡先だけは教える必要があるのですが、できれば最小限の個人情報しか教えたくないケースでは良いでしょう。

    そして、電話やメールアドレスも記載せずに中古車の相場価格を知る手段としては、メーカーのサイト上で車種や年式などを入力することで、今のその車の相場の概算を知ることが可能です。

    でも、算出された価格はおおざっぱなものですから、大して参考になったという意見はないですね。

    たいていの場合、中古車販売店の大手では、常時たくさんのキャンペーンを開催していることが多いです。

    キャンペーンの恩恵のほとんどは車を売却することでプレゼントされることが可能ですが、キャンペーンの中には無料査定をするだけで対象になるケースもあるのですよ。

    もっと具体的にいうと、ある特定のWebサイトから無料査定を行うと幾らかのポイントが受け取れるなどです。

    査定だけをしてポイントを稼ぎ、買取自体は断ってもOKなので、査定だけでポイントがもらえるキャンペーンを見付けたらぜひトライしてみましょう。

    完済前でローンが残っている車を売るなら、残債を払ってしまわないと売却できません。

    ローン返済中は車の所有権はローン会社が持ち、所有者としても普通はローン会社が登録されているからです。

    残っていたローンを車を売却する以前に払い終えてしまえるようでしたら問題ないものの、できないのであれば例えば買取額から残債を清算するという方法もあります。

    しかしこれにはローン会社の許可が不可欠で、手続きも必要ですから普通の売却よりは時間がかかります。

    10万キロ以上走った車というのは、俗に「過走行車」と言われます。

    査定サイトなどを使って売ろうとしてもほとんどタダみたいな値段になってしまうことが多いです。

    見えない故障などのリスクを懸念して値付けができないのは、事故車も過走行車も共通しています。

    そのような場合は一般的な中古車買取り業者は避け、走行距離数の多い車を専門に扱う業者や事故車を取り扱っている会社に最初から依頼した方が良いです。

    買取り先を探すのが面倒なら下取りにすれば手間も要りませんし、ディーラー側はそこは商売のしどころですから、買取りよりは高値をつけてくれるかもしれません。

    チャイルドシートを設置している車を買い取ってもらう際は査定に来る前に取り外しておくのがお薦めです。

    基本的にチャイルドシートは査定の際に加点される項目ではありません。

    ただ、チャイルドシートというのはユーズド品でも人気のある商品なので、ひと手間かけて外して単体で売ると値段がつかないということはありませんし、オークションでもブランド製で美品ならなかなかの高値をつけてくれることがあります。

    既に支払いを済ませた自動車税が月割りで戻ってくる場合があります。

    これはどのような時かというと、普通自動車を売却しないでそのまま廃車にすると税金が戻って来ます。

    逆に軽自動車については別途決まりがあって、還付金はありません。

    そうはいうものの、税金を払ったばかりなどで残り期間がたくさんあるなどのケースでは、税金分を買取業者が査定アップしてくれる場合があります。

    税金分を上乗せしてくれる業者があると言っても、税金分の扱いについて説明してくれる買取店ばかりあるわけではないのです。

    できれば売却する前に確認をとっておいた方が良さそうですね。

    当たり前の事ですが、自動車を買う人が多い季節は、売却側にとっても高く売れる好機であることに間違いありません。

    車を買いたいという需要がアップすればするほど供給も必要になり、買取価格は自然と上がります。

    3月と9月は企業の決算月にあたるので中古車販売店はいつもよりも車を売ることに注力するので、自動車売却時の価格交渉も自分に有利になるように行える場合が多いと言えます。

    9月は決算月であることに加えて、夏のボーナスが出ていることもあり順調な売れ行きを見せることが多いため売り時と言えるでしょう。

    丁寧に磨いて複数の会社に査定を依頼してもタダみたいな値段しかつかないときは、廃車、事故車などの専門業者を当たってみるのも良いでしょう。

    他社で引取りを断られたような車であろうと、それなりの値段をつけてくれる可能性が高いです。

    それにもし廃車にするとしても、時間と手間を考えると廃車業者に売るほうが格段に簡単です。

    そうした業者の取り柄というと、引取先に頭を悩ませることがない上、廃車手続きを代行してくれ、しかも基本的に車の引取りが無料ということが挙げられます。