トップページ

    このサイトでは高級車の買取で高く売るためにおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「高級車の買取で高く買い取ってくれるおすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    高級車を高く売るために必要なことは、「複数の買取業者に高級車の買取査定の依頼をすること」です。面倒だからといって、1つの業者にだけ買取査定の依頼をしたり、なじみのディーラーで下取りをしてもらったりということをすると、ほぼ確実に高く売れません。

    このサイトのランキングで紹介しているおすすめの車一括査定サイトを利用すれば2、3分で終わる簡単な入力だけで、同時に複数の業者からの買取査定額を比較することができます。少しの手間を惜しんで損をするのはもったいないので、あなたの高級車を高く売るために是非利用してみてください。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車高額買取のための一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい人気のサービスなので安心して使えます。
    登録業者も約1000社と圧倒的な数!最大で50社に高級車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車の一括査定サイトは使うとたくさんの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話連絡はありません。
    勿論、地方対応で利用料は無料です。

    「高級車を高く売りたいから買取相場を知りたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが今乗っている高級車の買取相場が分かる上に、個人情報が他社に渡らないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという今までにない新しいサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札金額を提示するので、高級車を高く売却できる業者がすぐに見つかります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用すると複数社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックを使えば電話連絡は1社だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    高級車の実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話連絡も査定も一度だけで約2000社の車買取業者が入札で買取価格を表示してくれるという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数№1の車査定一括サイト。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力完了後すぐに中古車の概算相場が分かります。「自分が乗っている車は数年落ちだけど高級車の専門店なら高く売れるの?」ということが気になっているのであれば利用をおすすめします。

    査定依頼後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの高級車でも高く売ることができます。

    最大で10社が高級車を査定してくれるので、一番高い金額を提示してくれた買取店にあなたが大切に乗ってきた高級車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグにネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。提携している企業は約200社もあり、最大10社があなたの中古車を査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで実際の査定額の差を比較することができるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年愛用した高級車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも対応してくれますので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前から想像できるように外車・輸入車専門の高級車買取店。
    外車・輸入車を専門にして15年の実績があり、年間取扱台数は輸入車だけで約1500台。もちろん、全国対応で出張査定の費用は完全無料。

    外車王は外車・輸入車に特化した高級車専門店なので、他の買取業者よりも高く売れる可能性があります。
    ですので、まずはランキング上位の車一括査定サイトを利用してあなたの高級車の買取相場を調べてみてください。

    ある程度、高級車の買取相場が分かったら最後に外車王に買取査定をお願いするというのがおすすめです。その結果、他の業者よりも高い買取査定額を出して来れば場合には外車王にあなたの大切な高級車を売却しましょう。







    中古車買取業者と自分との間に起きる可能性のあるとトラブルは何点か考えられますが、中にはとても酷いケースもあります。

    見積金額を提示したので車を手放すと、その後になって、更にチェックしたところ不備が出てきたなどと実際の買取金額は随分低くなってしまったケースも多いのです。

    さらに悪質な業者の場合は、中古車だけ取られてお金が入ってこない場合もあるのです。

    悪質なケースに巻き込まれた場合には、何はともあれ消費者生活センターなどの相談機関に出向くようにしてみましょう。

    買取のお店に行く暇がなかったとしても、オンラインで中古車査定ができてしまうホームページがあちこちに見受けられます。

    細かな具体的な見積金額に関しては査定士が現実的にその車の状態を見積もってみないことにはなんとも言えないところはありますが、一瞬で多数の店舗の査定を受けることができるため、自分の車が現時点でどの程度の資産価値があるのかが分かって大変参考になります。

    さらには、相場の価格から大きく離れた値段を算出した買取店舗を実際に車を売る店から除外することが可能です。

    売っても良いかと考え中の中古車にこの程度の価格では売れないと思うような査定を業者側から提示されたときには、売却は不可能だと正直に話しても良いのです。

    中古車の見積もりを出してもらいに行ったとしても、実際に絶対に売却すべきであるという決まりは何処にもありません。

    一番最初の見積金額では売れないと言うとノーと言った時点から、査定金額アップのやり取りが可能になる場合もあるでしょうし、より高値で査定してくれる会社がないとも限りません。

    嫌なら遠慮しないでノーと言っても構わないのです。

    いま乗っている車を売却したいと思っているときに、査定価格を知る方法は中古車屋に知人でもいない限り、次に上げる二つしかありません。

    一番多いのはディーラーによる下取りで、これは買い替えが大前提です。

    なにしろ手軽なのは言うまでもなく、新しい車と入れ替えに古い車の引取りを行うので、車がないという不便さも感じなくて済みます。

    ただ、下手をするとディーラーの言い値になるため結果的には買取業者に頼むよりも買値は安くなりがちです。

    そうした下取りの欠点を補うのが中古車買取業者に査定を依頼する方法です。

    少なくとも2社以上に依頼すれば競争になりますから、ディーラーの下取りよりは高値になる可能性が高いです。

    業者から高額査定を引き出すコツとしては、査定依頼する業者は複数でなければなりません。

    ただ、せっかくの休日に時間と手間をかけてまで複数の買取店を尋ねて回るというのは現実的ではありません。

    ネットにある中古車査定一括サイトを活用すると、時間も労力も使わないで済む点はありがたいです。

    登録にかかる時間は5分ほどで、それだけでたくさんの会社の査定額を知ることができますから、同じ作業を人力でやることを考えると雲泥の差です。

    唯一の欠点は複数の会社から電話が来ることです。

    チェックを入れた会社から我先にと営業電話がかかってくるため、心してかかる必要があります。

    車内の掃除が行き届いていたり、前もって洗車して磨き上げたところで、査定項目には清掃などはないので買取額への直接的な影響はありません。

    持ち主が行う程度の清掃であれば、誰にでもできるのですから仕方がないことです。

    にも関わらず清掃が推奨されるのには理由があります。

    査定時に車がきれいだと、気持ち良く値付けが出来ます。

    点数をつけるのは担当者ですから、誠意を見せれば結果はプラスとして戻ってくる可能性があります。

    いわゆる事故車だとか多走行車を優に越える走行距離10万キロ超の過走行車などは、市場のニーズが見込めないため、業者側でも値段をつけられないというのが実状です。

    中古車屋への売却が不可能となると、残された道は2つです。

    少々面倒ですが廃車手続きをすれば自動車税の還付を受けることもできますし、過走行車や事故車専門店に相談するというのもありでしょう。

    そのような店舗は使える部分の有無を見ていき、個別に査定を行うので必ず値段がつきます。

    簡単さでは専門業者に勝るものはないですし、納税したばかりなら自分で廃車手続きするのもありです。

    どちらにせよ、後悔がない方を選びたいものです。

    家族名義の車や別居の親族の車なども手間はかかりますが売れないことはありません。

    一般的な契約で必要とされる書類のほか、この場合は現在の名義人の実印が押印された委任状と、印鑑証明書、そしてこれも実印の押印がある譲渡証明書の三点を提出しなければなりません。

    案外多い例ですが、相続のように故人名義となっているときは、これらの書類を書いてもらうことは出来ません。

    このときは、車の所有権の移転登録を行い、新しい名義人の所有物になってから売却します。

    一般的な売却と違い、亡くなられた方名義の車というのは必要書類も多く、時間も手間も余分にかかることは覚悟しなければなりません。

    自動車を査定や見積もりに出す場合に要るものは車検証のみですが、実際に売却すると決まったら必要書類をいくつか準備しなければなりません。

    売却が普通自動車だったら車検証のほかに実印および印鑑証明書、自賠責保険証やリサイクル券、納税証明書が必要になってきます。

    もし必要書類のうちの一つである納税証明書をなくしてしまったときには、普通自動車と軽自動車では再発行をお願いするところは違うことを覚えておきましょう。

    普通自動車のケースでは県などの税事務所で、普通自動車以外の軽自動車は市役所などが受付窓口になるのです。