トップページ

    このサイトでは高級車の買取で高く売るためにおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「高級車の買取で高く買い取ってくれるおすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    高級車を高く売るために必要なことは、「複数の買取業者に高級車の買取査定の依頼をすること」です。面倒だからといって、1つの業者にだけ買取査定の依頼をしたり、なじみのディーラーで下取りをしてもらったりということをすると、ほぼ確実に高く売れません。

    このサイトのランキングで紹介しているおすすめの車一括査定サイトを利用すれば2、3分で終わる簡単な入力だけで、同時に複数の業者からの買取査定額を比較することができます。少しの手間を惜しんで損をするのはもったいないので、あなたの高級車を高く売るために是非利用してみてください。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車高額買取のための一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい人気のサービスなので安心して使えます。
    登録業者も約1000社と圧倒的な数!最大で50社に高級車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車の一括査定サイトは使うとたくさんの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話連絡はありません。
    勿論、地方対応で利用料は無料です。

    「高級車を高く売りたいから買取相場を知りたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが今乗っている高級車の買取相場が分かる上に、個人情報が他社に渡らないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという今までにない新しいサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札金額を提示するので、高級車を高く売却できる業者がすぐに見つかります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用すると複数社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックを使えば電話連絡は1社だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    高級車の実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話連絡も査定も一度だけで約2000社の車買取業者が入札で買取価格を表示してくれるという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数№1の車査定一括サイト。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力完了後すぐに中古車の概算相場が分かります。「自分が乗っている車は数年落ちだけど高級車の専門店なら高く売れるの?」ということが気になっているのであれば利用をおすすめします。

    査定依頼後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの高級車でも高く売ることができます。

    最大で10社が高級車を査定してくれるので、一番高い金額を提示してくれた買取店にあなたが大切に乗ってきた高級車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグにネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。提携している企業は約200社もあり、最大10社があなたの中古車を査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで実際の査定額の差を比較することができるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年愛用した高級車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも対応してくれますので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前から想像できるように外車・輸入車専門の高級車買取店。
    外車・輸入車を専門にして15年の実績があり、年間取扱台数は輸入車だけで約1500台。もちろん、全国対応で出張査定の費用は完全無料。

    外車王は外車・輸入車に特化した高級車専門店なので、他の買取業者よりも高く売れる可能性があります。
    ですので、まずはランキング上位の車一括査定サイトを利用してあなたの高級車の買取相場を調べてみてください。

    ある程度、高級車の買取相場が分かったら最後に外車王に買取査定をお願いするというのがおすすめです。その結果、他の業者よりも高い買取査定額を出して来れば場合には外車王にあなたの大切な高級車を売却しましょう。







    手持ちの車を査定に出すときには、ボディーカラーも重要です。

    白や黒は定番色で、どんな時も需要が安定しているので、プラスの査定になることが多いでしょう。

    反対に原色に近い赤や青などのビビットカラーは中には嫌がる人もいますので、定番カラーよりも見積額をダウンさせられてしまう場合もあります。

    原色系は嫌われやすいと言っても、車の見積金額は中古車オークションの相場のタイミングによって変動するものなので、流行があれば一定の色が査定で高値が付くことも充分考えられるのです。

    一般的にほとんどの中古車買い取り店では、中古車の見積もりにかかる時間は単純に待っているだけの時間を除外すると10分少々です。

    なぜかというと、査定する時点での車種ごとのオークションなどの相場をもとにして事前にベースになる中古車の査定金額が決められており、ベース金額から走行距離、さらには車の各部位の状態などを確かめてから、これらに応じた加算や減算をすることによってその車の最終的な価格を算出することができるからなのですね。

    どんな場所にいても時間を選ばずにネットを使って直ぐに自分が所持している車の査定をしてもらえるのがたくさん存在している一括査定サイトのメリットと言えるでしょう。

    自分の連絡先や車の情報などを入力することで時間もかからずに多くの買取業者からの見積もりがもらえて、その時点での売却予定車の相場の概要が把握できるのです。

    車種などの詳細情報以外の個人情報を入力したくない場合には、無記名で利用できるサイトもあるようです。

    個人が中古車の査定を業者に依頼する時は取り立てて用意しなければいけない書類などはありません。

    ただ、業者が決まって売却するにあたっては、車検証や自賠責保険証、納税証明など複数の書類を整えなければいけません。

    売却するのが普通乗用車なら実印と印鑑証明書が不可欠ですし、苗字が結婚などの理由で変わっている時や、転居で住所地の確認が必要なときはそれを証明する書類が追加されます。

    中古車屋に売ると決めたら時間があるうちに書類を揃え始めたほうがあとあと楽でしょう。

    海外メーカーの車は国内メーカーのそれと比べ、業者による買い取りの際は値段が安くなりがちです。

    日本全国での車の流通実績で見た場合、輸入車というのは国内メーカーの小規模なメーカーと比べてもはるかに少ないですし、修理費もかかりやすい上、需要も読みにくいところがあり、業者や地域による差が出やすいのです。

    ではどうやって売却すれば良いのかというと、できるだけたくさんの中古車屋に査定してもらった上で、高額査定を出してくれたところに売却することです。

    一度に多数の中古車屋に一括で見積りを依頼できるサイトがありますが、こうしたサイトを使うとたった一度の入力でたくさんの業者に査定を依頼することができます。

    一般に買取業者に中古車を売却する際、査定にかかる費用は請求されないのが普通です。

    その一方で、どうせ車を買い替えるのだからとディーラーの言うがままに下取りに出すと、つい下取り額にばかり目がいって、査定代のほうまで気が回らないことがあります。

    下取りの査定費用は下取価格から引くので、出費に気づかない人もいるようです。

    中古車なのだから買取でも下取でも査定は無料だろうなどと思い込んでいると、費用面のことは失念しやすいですから、契約書にサインする前に査定手数料は必要なのかをしっかり確認しておきましょう。

    仮に有料だったとしても、交渉によって下取額の増額や手数料の無償化も期待できるからです。

    当たり前の事でしょうが、自動車を買取査定に出すときには、へこみやキズが目立つ車よりもない車の方がプラス査定になるでしょう。

    いくら傷などがない方が良いからと言っても、素人が直したのでは、プロが見たら修繕前よりも却って傷が目立つような場合があるので注意が必要です。

    誰が乗っても自然に付いてしまうようなごく薄い傷などは、ほぼ査定額に影響しないことも多々あります。

    素人で自動車修理をしたことが無い人の場合は、大変な思いをして自分で修理しようとしないで、そのまま買取査定に出すようにした方が結果的には良いでしょう。

    自動車を売ろうとする際に、業者に売るのではなくて、個人同士で売り買いするというケースもあります。

    売り手と買い手の間に業者が介入しない分、売り手はより高く、買い手はより安く売買可能になるのです。

    双方に利益があると言っても、契約に関することは全部個人間でのやり取りですから非常に手間がかかりますし、お金に関するいざこざが起きやすくなるのは否めません。

    お金に関することは、できるだけ分割での支払いをしないようにすると後からトラブルにならなくて済むようになるでしょう。

    車体の色によって、同じ車種でも査定額は変わってきます。

    黒や白などの定番カラーは無難でオークションなどで人気が安定しているため、見積額に上乗せされることが多いでしょう。

    その上、シルバーは定番色であることにプラスして汚れがあまり目立たないからその分人気も高いのです。

    それとは逆に、これら以外の色では、プラスの評価をつけてもらうのは厳しいです。

    査定の際に流行のボディカラーであったとしても、流行っている時期は短くて、買取から売却が成立するまでの間に車体の色の流行も変化しているかも知れないからです。