トップページ

    このサイトでは高級車の買取で高く売るためにおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「高級車の買取で高く買い取ってくれるおすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    高級車を高く売るために必要なことは、「複数の買取業者に高級車の買取査定の依頼をすること」です。面倒だからといって、1つの業者にだけ買取査定の依頼をしたり、なじみのディーラーで下取りをしてもらったりということをすると、ほぼ確実に高く売れません。

    このサイトのランキングで紹介しているおすすめの車一括査定サイトを利用すれば2、3分で終わる簡単な入力だけで、同時に複数の業者からの買取査定額を比較することができます。少しの手間を惜しんで損をするのはもったいないので、あなたの高級車を高く売るために是非利用してみてください。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車高額買取のための一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい人気のサービスなので安心して使えます。
    登録業者も約1000社と圧倒的な数!最大で50社に高級車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車の一括査定サイトは使うとたくさんの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話連絡はありません。
    勿論、地方対応で利用料は無料です。

    「高級車を高く売りたいから買取相場を知りたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが今乗っている高級車の買取相場が分かる上に、個人情報が他社に渡らないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという今までにない新しいサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札金額を提示するので、高級車を高く売却できる業者がすぐに見つかります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用すると複数社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックを使えば電話連絡は1社だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    高級車の実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話連絡も査定も一度だけで約2000社の車買取業者が入札で買取価格を表示してくれるという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数№1の車査定一括サイト。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力完了後すぐに中古車の概算相場が分かります。「自分が乗っている車は数年落ちだけど高級車の専門店なら高く売れるの?」ということが気になっているのであれば利用をおすすめします。

    査定依頼後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの高級車でも高く売ることができます。

    最大で10社が高級車を査定してくれるので、一番高い金額を提示してくれた買取店にあなたが大切に乗ってきた高級車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグにネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。提携している企業は約200社もあり、最大10社があなたの中古車を査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで実際の査定額の差を比較することができるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年愛用した高級車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも対応してくれますので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前から想像できるように外車・輸入車専門の高級車買取店。
    外車・輸入車を専門にして15年の実績があり、年間取扱台数は輸入車だけで約1500台。もちろん、全国対応で出張査定の費用は完全無料。

    外車王は外車・輸入車に特化した高級車専門店なので、他の買取業者よりも高く売れる可能性があります。
    ですので、まずはランキング上位の車一括査定サイトを利用してあなたの高級車の買取相場を調べてみてください。

    ある程度、高級車の買取相場が分かったら最後に外車王に買取査定をお願いするというのがおすすめです。その結果、他の業者よりも高い買取査定額を出して来れば場合には外車王にあなたの大切な高級車を売却しましょう。







    中古車買取において、売却時に車検がまだ一年一ヶ月以上あれば、買取店舗によっても幾らか変わるでしょうが、だいたい数万円ほど見積金額が上乗せされます。

    しかし、車検の残りが一年以下の場合では残っている期日に応じて査定額が変わったりはしないのです。

    車検を通して直ぐだと査定額がアップするからとはいえ、売る前に車検を実施しても車検を実施する費用以上の金額が査定金額に加算されて回収出来ることはないでしょうから、わざわざ手間暇かけて直前に車検を実施しておく利点は何も無いのです。

    手持ちの車を売りに出したいと思案したときにお勧めしたいのが、中古車の無料一括査定サイトを使うことが選択肢としては有効です。

    さまざまな企業の査定金額を比較して検討することができるので、自らあちこちの店舗に出向かなくても高値で取り引きしてくれる会社をピックアップする事ができてしまうのです。

    もちろん、更にその車の価値が今の時点で一体どのくらいの金額に査定されるのかが瞬時に分かってしまうのです。

    買い取りする車を査定する時に、査定金額に大きく影響するのが走行距離です。

    大抵の場合、走行距離が長くなるにしたがって査定額はどんどんダウンします。

    5万kmを越えて走行している車は多走行車と言われていて、中古車の見積額をマイナスにする要因となり始めることがあるのです。

    総走行距離が10万kmより多い車は一般に過走行車といわれ、全く査定金額が出ない場合もあるのです。

    車を買い取ってほしいからと買取店に自分で持ち込んで現物査定を受けるつもりであれば、繁忙期などは待たされることはあるかもしれませんが、突然の持ち込みでも対応してくれます。

    そのかわり持ち込み査定という性質上、比較対象となる他社見積りもなければ、提示された価格を「安い」「高い」と判定する基準もありません。

    ですから相場より安い価格で売買契約を結んでしまう危険性もあります。

    出張査定で複数の業者に来てもらう方が相場もわかり、満足のいく結果が出しやすいです。

    出来るだけ多くの業者に車を査定してもらうという行為は、車を高値で売却する上で非常に有効な手段です。

    とはいうものの、何社以上なら絶対に良いなどという基準はなく、交渉次第というところもあって単純には決められません。

    わざわざ複数の査定を受ける目的は明らかで、市場価値を把握して安く売却するのを避けるということと、相見積りという状況でできるだけ高額の査定を引き出すためです。

    本人が納得できるようなら、査定は何社から受けようと結果的には問題がないということです。

    中古車買取り業者による査定の際はぜったい所有者が臨席しなければならないなどというルールこそないものの、やはり当事者の一方がいないことで発生するトラブルを防止すべく、できるだけ本人が査定に立ち会う方が良いです。

    トラブルの例としては、車のことがわかる人がいないのに乗じて自分で傷を捏造して安く買い叩く業者もいるそうです。

    実際の査定に出して提示された最終的な買取金額は、ずっと変わらないわけではないのです。

    中古車の価格の相場というものは常に変動が激しいですから、どの買取店舗も「何日までならこの値段で買いますよ」と言う保証を付けてくるのです。

    その車の見積金額を提示されたときに即決できないときは提示された査定金額通りに買取をしてくれるのは何時までか事前に必ず聞いておくべきです。

    保証期間については交渉することもできますが、保証期間はあまり長くできないのが普通です。

    改造車は売ることができないと思っている人は多いかも知れません。

    しかし、改造車でも買取査定に出すことはできます。

    但し、普通の買取専門店では必ず買い取りしてくれるとは限らずに、査定額をダウンされることを覚悟した方が良いかも知れません。

    改造車を売るならば改造車の知識が豊富で、独自の販売ルートを持っている改造車専門店で売却する方がメリットが多いでしょう。

    程度にもよりますが、一般の買取店では出せないような高い査定額を提示してくれる可能性があります。

    中古自動車を売るときなどは、きちんと心構えをしていたとしても、前もって予測することが不可能ないざこざに巻き込まれてしまうことがありますね。

    車売却の際にたまにあるケースとして、売ることが決まってから「実は問題点が見つかりました」等の話をされて買取額を目減りさせる場合があります。

    このような場合に、もし自分側が事故や故障などの履歴を隠していたケースならばわざと申告していなかった売り手側が悪いです。

    そのようなことがないケースでは、見積もり時に見落とした方が悪いので、自分に落ち度がない以上認めなくても構わないのです。