トップページ

    このサイトでは高級車の買取で高く売るためにおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「高級車の買取で高く買い取ってくれるおすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    高級車を高く売るために必要なことは、「複数の買取業者に高級車の買取査定の依頼をすること」です。面倒だからといって、1つの業者にだけ買取査定の依頼をしたり、なじみのディーラーで下取りをしてもらったりということをすると、ほぼ確実に高く売れません。

    このサイトのランキングで紹介しているおすすめの車一括査定サイトを利用すれば2、3分で終わる簡単な入力だけで、同時に複数の業者からの買取査定額を比較することができます。少しの手間を惜しんで損をするのはもったいないので、あなたの高級車を高く売るために是非利用してみてください。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車高額買取のための一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい人気のサービスなので安心して使えます。
    登録業者も約1000社と圧倒的な数!最大で50社に高級車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車の一括査定サイトは使うとたくさんの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話連絡はありません。
    勿論、地方対応で利用料は無料です。

    「高級車を高く売りたいから買取相場を知りたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが今乗っている高級車の買取相場が分かる上に、個人情報が他社に渡らないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという今までにない新しいサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札金額を提示するので、高級車を高く売却できる業者がすぐに見つかります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用すると複数社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックを使えば電話連絡は1社だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    高級車の実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話連絡も査定も一度だけで約2000社の車買取業者が入札で買取価格を表示してくれるという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数№1の車査定一括サイト。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力完了後すぐに中古車の概算相場が分かります。「自分が乗っている車は数年落ちだけど高級車の専門店なら高く売れるの?」ということが気になっているのであれば利用をおすすめします。

    査定依頼後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの高級車でも高く売ることができます。

    最大で10社が高級車を査定してくれるので、一番高い金額を提示してくれた買取店にあなたが大切に乗ってきた高級車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグにネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。提携している企業は約200社もあり、最大10社があなたの中古車を査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで実際の査定額の差を比較することができるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年愛用した高級車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも対応してくれますので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前から想像できるように外車・輸入車専門の高級車買取店。
    外車・輸入車を専門にして15年の実績があり、年間取扱台数は輸入車だけで約1500台。もちろん、全国対応で出張査定の費用は完全無料。

    外車王は外車・輸入車に特化した高級車専門店なので、他の買取業者よりも高く売れる可能性があります。
    ですので、まずはランキング上位の車一括査定サイトを利用してあなたの高級車の買取相場を調べてみてください。

    ある程度、高級車の買取相場が分かったら最後に外車王に買取査定をお願いするというのがおすすめです。その結果、他の業者よりも高い買取査定額を出して来れば場合には外車王にあなたの大切な高級車を売却しましょう。







    中古車買取業者の中には、軽自動車を専門的に扱ったり、輸入車や事故車を扱うなど、あるジャンル限定の車販売が得意だったり、または専門的に扱っている買取業者があるのです。

    たとえばの話、自分が乗っている売却希望車が軽だったら、当然かもしれませんが、軽自動車の販売を得意とする会社に買い取ってもらった方が多分買取額が高くなるはずです。

    ある特定のジャンルに秀でた業者はネット上の無料一括査定サイトを使ったときに、一般の買取会社よりも幾らか高値で取り引きしようとしてきますから、そこで判別可能です。

    車を売却する際に販売店との間で起こるかもしれないトラブルには何個か考えることができますが、それらの中には非常に悪質と言えるケースも存在するのです。

    一例を挙げると、業者が見積もりを出して車を引き取った後から、更にチェックしたところ不備が出てきたなどと実際の買取金額は随分低くなってしまったケースも多いのです。

    売却金額を下げられるより酷いケースでは、車だけ業者に渡すことになって、引き替えにお金が入らない場合もあるのです。

    悪質なケースに巻き込まれた場合には、あわてずに消費者生活センターや警察などに相談してみることをオススメします。

    中古車売買に際して、1年1ヶ月以上車検が残ったままだと、業者によっても違ってくるかもしれませんが、概算で数万円ほどの査定金額のアップになることが予想されます。

    しかしながら、車検まで1年以下しか残っていないときにはいくら残りがあったとしても査定額は変化しません。

    残りの車検の期間が長いと査定に有利ではありますが、車検を実施して直ぐに売却をしても車検を通すためにかかった費用以上のお金が査定金額に上乗せされて得をすることはないので、手間と時間を掛けて事前に車検を通す必要は全くないでしょう。

    営業車でなく個人所有の車の場合、走行キロ数が多いと査定時にマイナス評価がつく可能性があります。

    あくまでも業界のセオリーではありますが、5万キロ超走った車は多走行車という扱いでマイナスがつきます。

    さらにその上をいく過走行車は走行キロ数10万以上で、一般の業者は敬遠するためタダ同然の査定額になってしまいます。

    とは言うものの全くの無価値だとか売れないといった意味ではありませんから大丈夫です。

    この業界には一般の中古屋とは別に、過走行車専門店があります。

    そういった業者に相談すると、部分ごとに細かく査定して買い取ってくれます。

    引き取れない、値段がつけられないと査定に来た業者に言われてしまった際は、出来ることは限られています。

    そのまま廃車にするか、普通の中古車屋ではなく廃車専門の業者に査定してもらうかは、本人次第です。

    業者はそういった車を中古車市場に流すことはせず、使用可能なパーツに分けて売るといった方法で利ざやを稼いでいます。

    そんな業態だからこそゼロ円査定されてしまった車でも値段をつけてくれるのです。

    大事に乗ってきた車ですから値段がつけば嬉しいものです。

    また、ほとんどの業者は廃車手続き代行も行っています。

    業者に車を売却するときの心得として、あとでトラブルにならないためにも気をつけなければいけないことがあります。

    当たり前ですが、契約書にしっかり目を通すことです。

    取引に関する必要事項を記載したものが契約書で、署名捺印が済んだ段階で法的な効力を持ちます。

    事前説明と異なる契約内容になっていないかなど金額やそれに関する諸条件はしっかり目を通す必要があります。

    細かいところまで読んでからそれで良ければハンコを押すようにしましょう。

    急かす業者は論外です。

    過去に事故を起こした車や走行距離のメーターが10万kmを超えている車は、中古車屋からも引き取れないと言われてしまうことが多いです。

    残された選択肢はというと、解体業者への持ち込みと廃車手続きを自分ですれば、屑鉄代と重量税の還付金が手元に残ります。

    そのほか、過走行車や事故車専門店に相談するというのもありでしょう。

    車単位でなくパーツ単位で査定するのが専門業者の特長で、部分ごとに細かく値段をつけてくれるので普通の中古車屋のようにタダ同然ということにはなりません。

    簡単さでは専門業者に勝るものはないですし、納税したばかりなら自分で廃車手続きするのもありです。

    どちらにせよ、納得のいく方を選ぶことが大事です。

    自分が乗っていた愛車を売却する際には、できるだけ事前にきれいに掃除してから査定に出すことが大切です。

    この訳は2つです。

    最初は自動車を丁寧に扱っていたと良い印象を査定スタッフに与えられる点です。

    2つめは、車内にこびりついた汚れを落とすことでいやな臭いも少なくなるからです。

    ペットを乗せたり煙草を吸ったりしていた車は、その具合によっても異なりますが、大幅に査定金額が下がっても致し方ないと言えます。

    中に残っている汚れが原因で臭いが出てしまうので、細部にわたって掃除を行うことで臭いを軽減することが可能です。

    自動車のオーナーというものは、たくさん乗っていても乗らなくても維持費用がかかってきます。

    自動車税は毎年で、二年に一度の車検代、更に任意の自動車保険費用もかかります。

    更にいうならば、持ち家でなかったとしたら、駐車場料金も上乗せされるのです。

    車を売ろうかやめようかと考え中の場合、これら少額ではない維持費を払ってでも車を持っている必要があるのかどうか存分にあれこれ検討してみると、売るべきか乗り続けるかという結論を出しやすいでしょう。