トップページ

    このサイトでは高級車の買取で高く売るためにおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「高級車の買取で高く買い取ってくれるおすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    高級車を高く売るために必要なことは、「複数の買取業者に高級車の買取査定の依頼をすること」です。面倒だからといって、1つの業者にだけ買取査定の依頼をしたり、なじみのディーラーで下取りをしてもらったりということをすると、ほぼ確実に高く売れません。

    このサイトのランキングで紹介しているおすすめの車一括査定サイトを利用すれば2、3分で終わる簡単な入力だけで、同時に複数の業者からの買取査定額を比較することができます。少しの手間を惜しんで損をするのはもったいないので、あなたの高級車を高く売るために是非利用してみてください。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車高額買取のための一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい人気のサービスなので安心して使えます。
    登録業者も約1000社と圧倒的な数!最大で50社に高級車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車の一括査定サイトは使うとたくさんの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話連絡はありません。
    勿論、地方対応で利用料は無料です。

    「高級車を高く売りたいから買取相場を知りたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが今乗っている高級車の買取相場が分かる上に、個人情報が他社に渡らないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという今までにない新しいサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札金額を提示するので、高級車を高く売却できる業者がすぐに見つかります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用すると複数社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックを使えば電話連絡は1社だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    高級車の実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話連絡も査定も一度だけで約2000社の車買取業者が入札で買取価格を表示してくれるという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数№1の車査定一括サイト。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力完了後すぐに中古車の概算相場が分かります。「自分が乗っている車は数年落ちだけど高級車の専門店なら高く売れるの?」ということが気になっているのであれば利用をおすすめします。

    査定依頼後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの高級車でも高く売ることができます。

    最大で10社が高級車を査定してくれるので、一番高い金額を提示してくれた買取店にあなたが大切に乗ってきた高級車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグにネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。提携している企業は約200社もあり、最大10社があなたの中古車を査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで実際の査定額の差を比較することができるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年愛用した高級車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも対応してくれますので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前から想像できるように外車・輸入車専門の高級車買取店。
    外車・輸入車を専門にして15年の実績があり、年間取扱台数は輸入車だけで約1500台。もちろん、全国対応で出張査定の費用は完全無料。

    外車王は外車・輸入車に特化した高級車専門店なので、他の買取業者よりも高く売れる可能性があります。
    ですので、まずはランキング上位の車一括査定サイトを利用してあなたの高級車の買取相場を調べてみてください。

    ある程度、高級車の買取相場が分かったら最後に外車王に買取査定をお願いするというのがおすすめです。その結果、他の業者よりも高い買取査定額を出して来れば場合には外車王にあなたの大切な高級車を売却しましょう。







    今持っている売却予定の車にこの程度の価格では売れないと思うような査定を出されたら、売らないと突っぱねることもできます。

    中古車の査定をしたからといって、その車を必ず売却しなければならないかというとそうではないのです。

    はじめの段階の査定金額ではうなずけないと伝えるとそう言った時から査定額アップの商談が始まるケースもあるでしょうし、より高値で査定してくれる会社がないとも限りません。

    自分が納得できない金額を表示されたら「嫌だ」といっても良いのです。

    スマホ全盛の時代を反映して、大手の中古車販売店では一般大衆に向けた車の査定アプリを考案してリリースしていますが、プロ仕様の中古車査定支援アプリも存在します。

    これは、実際の査定業務経験があまりなくてもなるべく査定しやすくなるように開発されたアプリです。

    このプロ向けのアプリと専用の機械を同時に使うことで、査定対象車の過去の修理の有無が確認できる仕様になっている場合がほとんどでしょう。

    中古車の買取査定のために業者まで出向く時間がないときなどには、大概の業者では、業者が自宅などに出向いてくれる出張査定があります。

    査定スタッフが車のあるところまで来てくれて実物を見て確認し、査定額をはじき出してくれるのです。

    このような査定の方法は、同じ時刻に何社かの査定スタッフに出向いてもらうのも自由です。

    このようにすれば時短のメリットもあることですし、同時に呼ばれた査定士間で査定額の競争が行われるので最終的な査定金額が高くなることが期待できます。

    タイヤが古くなってスリップサインが出るようになっても、わざわざ査定の前にタイヤを新しくする必要はありません。

    タイヤは使えば減るものです。

    それに、買取業者側が別のタイヤに交換してから売るのが極めて普通に行われているからです。

    タイヤの状態の悪さはたしかに減点対象ですが、買取額への影響は所有者が思っているほどは「ない」ということです。

    せっかく交換しても査定額アップは期待できないですから、掃除するだけに留めるほうが無難です。

    初めて車検を受けて国に登録した年を初度登録年といい、その年から経った年数で古さを表す意味で、何年落ちといった言い方をします。

    実際には製造年からカウントするのでなく、あくまでも初度登録年から数えますから、気をつけてください。

    年式の古い車は査定額が落ちるのが普通で、10年目からは元の価格とは比べ物にならないほど安くなってしまいます。

    販売する方にとっては安すぎて利益が出ない商品ですが、もし購入する気持ちで考えてみると、その中でメンテの行き届いた車を見つけることができれば、本当にラッキーです。

    見積りの結果に納得して実際に売却する手続きに入ると書類をそろえる必要があります。

    普通乗用車と軽の場合は違いもありますから分からなければ担当者に聞いて間違えないようにしましょう。

    必要書類は車検の際にも必要なので一緒に保管している人も多いでしょうが、車検証、自動車リサイクル券(預託証明書)、自賠責保険証明書、(軽)自動車税の納税証明書が必須です。

    それから取引の際は実印と、業者の指定する期間内の印鑑証明書が必要です。

    しかし軽乗用車に限っては実印ではなく市販の認め印が使えるため、印鑑証明をとる必要もありません。

    自分が乗っていた車を買い取りに出す場合に、査定項目の中にタイヤの溝の磨り減り具合も入っているため、タイヤの溝が磨り減っていたら減点されます。

    そうは言っても、売却が決まったときに新品のタイヤに履き替えても費用ほどには査定アップしませんから、新しくタイヤを変える必要性は皆無ですね。

    しかしながら、履いているのがスタッドレスタイヤの場合には、買取査定に出す前に通常のタイヤに戻しておいた方が良いでしょう。

    需要のある時期と季節が限られているスタッドレスタイヤは、見積額が低下する要因になってしまうからです。

    中古車を売ってしまった後になって、瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を盾にして買取金の減額もしくは契約の解除などを通達してくる事があるのです。

    もし自分が事故歴などを隠蔽して売ったとしたら売却側が責任を取る必要がありますが、中古自動車査定士が傷などを見落としていたことによるものならば自分は何も責任を取る必要はないのです。

    どうしても納得いかないときには、消費生活センターや国民生活センターなどへトラブルが起きていると相談するとむやみに悩まなくても解決できます。

    実査定に出して提示された中古車の査定額というものは、永遠に有効なわけではありません。

    買取金額の相場は常に流動的ですから、どの買取店舗も「何日までならこの値段で買いますよ」と言う保証を付けてくるのです。

    売却予定車の査定金額を見せられたときに売るかどうか判断に迷う場合には提示された査定額の有効期限がいつまでなのかしっかりと確認しておかなければいけません。

    いつまで有効かについては相談して伸ばすこともできるでしょうが、保証期間はさほど長くはできないのが一般的ですから無理は押しつけないようにしましょう。