トップページ

    このサイトでは高級車の買取で高く売るためにおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「高級車の買取で高く買い取ってくれるおすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    高級車を高く売るために必要なことは、「複数の買取業者に高級車の買取査定の依頼をすること」です。面倒だからといって、1つの業者にだけ買取査定の依頼をしたり、なじみのディーラーで下取りをしてもらったりということをすると、ほぼ確実に高く売れません。

    このサイトのランキングで紹介しているおすすめの車一括査定サイトを利用すれば2、3分で終わる簡単な入力だけで、同時に複数の業者からの買取査定額を比較することができます。少しの手間を惜しんで損をするのはもったいないので、あなたの高級車を高く売るために是非利用してみてください。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車高額買取のための一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい人気のサービスなので安心して使えます。
    登録業者も約1000社と圧倒的な数!最大で50社に高級車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車の一括査定サイトは使うとたくさんの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話連絡はありません。
    勿論、地方対応で利用料は無料です。

    「高級車を高く売りたいから買取相場を知りたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが今乗っている高級車の買取相場が分かる上に、個人情報が他社に渡らないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという今までにない新しいサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札金額を提示するので、高級車を高く売却できる業者がすぐに見つかります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用すると複数社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックを使えば電話連絡は1社だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    高級車の実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話連絡も査定も一度だけで約2000社の車買取業者が入札で買取価格を表示してくれるという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数№1の車査定一括サイト。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力完了後すぐに中古車の概算相場が分かります。「自分が乗っている車は数年落ちだけど高級車の専門店なら高く売れるの?」ということが気になっているのであれば利用をおすすめします。

    査定依頼後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの高級車でも高く売ることができます。

    最大で10社が高級車を査定してくれるので、一番高い金額を提示してくれた買取店にあなたが大切に乗ってきた高級車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグにネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。提携している企業は約200社もあり、最大10社があなたの中古車を査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで実際の査定額の差を比較することができるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年愛用した高級車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも対応してくれますので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前から想像できるように外車・輸入車専門の高級車買取店。
    外車・輸入車を専門にして15年の実績があり、年間取扱台数は輸入車だけで約1500台。もちろん、全国対応で出張査定の費用は完全無料。

    外車王は外車・輸入車に特化した高級車専門店なので、他の買取業者よりも高く売れる可能性があります。
    ですので、まずはランキング上位の車一括査定サイトを利用してあなたの高級車の買取相場を調べてみてください。

    ある程度、高級車の買取相場が分かったら最後に外車王に買取査定をお願いするというのがおすすめです。その結果、他の業者よりも高い買取査定額を出して来れば場合には外車王にあなたの大切な高級車を売却しましょう。







    インターネットを介して何時でも何処でも楽に自分が所持している車の査定をしてもらえるのが複数ある中古車一括査定サイトの利点です。

    入力フォームに必要なことを記載すると時間もかからずに数多くの会社からその車の価値を査定してもらえて、売却予定車の今の価格相場が分かってしまうのです。

    車種などの詳細情報以外の個人情報を入力したくない場合には、名前を入力しなくても査定可能なサイトもあるので探してみましょう。

    売却希望の車が今どれくらいで買取して貰えるかをチェックするときに、インターネット上の無料一括査定サイトを活用してチェックする方法も存在しますが、メーカーのホームページ上で参考となる見積金額を知ることもできます。

    その自動車メーカーのサイト上なら名前などの個人情報を全然記載せずにその車の年式や車種だけで検索できるサイトもあるようですから、一括査定サイトを通して見積もりを出したときのように一斉に電話攻勢が始まる危険性はないでしょう。

    もちろん大部分は良心的ですが、ごく一部に見られることですが、悪質な中古車買取業者も存在するのです。

    手法の例を挙げるならば、見積もり申し込みの段階において、査定後にその車を持っていっても良ければ査定額を上げましょうなどと言って、直ぐに車を引き渡すように強要させられて、その車を明け渡した後で料金を支払わずに、連絡先もなくなっているという詐欺の手法が存在します。

    決められた一定の契約手続きを行おうとせずになぜだか妙に早く車を引き取りたがるスタッフに出会ったら厳重に注意してください。

    実用品ですから仕方がないとはいえ、ボディの擦り傷やへこみ等も実車査定をする際にくまなくチェックされるものです。

    見てすぐわかるようなキズは当然ながら減点ポイントになりますが、普通に走っていていつのまにかついているような小さな傷でしたら、「少しありますね」と言われるかもしれませんが、実際に査定額に響くことはないようです。

    また、事前に修理したほうが良いのではと思う方も多いようですが、買取額でその修理費の元がとれることはまずないと考えて良いでしょう。

    数年に一度しか使わない個人と大口顧客である中古車屋相手では修理価格は大幅に違いますから、わざわざ高い支払いをするよりは傷ありで売る方がお得です。

    中古車を売るならまず査定を受けることからスタートです。

    ウェブで簡易査定を受けた後、業者による実車査定を終えてから、正式な見積額が出てきます。

    特に値付けに問題がなければ、車検証や自賠責保険証などの書類を整えて契約という運びになります。

    それから業者から派遣された運転手が車を引取りに来たり、名義変更などの型通りの手続きをもって買取代金の支払いがありますが、現金ではなく口座振込みが主流です。

    これであとは何もする必要がありません。

    手続き完了です。

    ベビーシートやジュニアシートなどを取り付けたマイカーを売ろうというのであれば、査定前にはずしておいた方が良いでしょう。

    中古車の見積りではそれらは無関係なのが普通だからです。

    しかしながらチャイルドシートのように使用時期の限られるものは購入希望者は多いため、タダで車と一緒に処分せずとも取り外して売れば、そこそこ良い価格がつきます。

    特に人気の高いブランド商品なら意外な価格になるので、車とは別に売りましょう。

    見た目は遜色なくても事故歴のある車だとか総走行キロ数が10万kmを越える車だと、中古車屋からも引き取れないと言われてしまうことが多いです。

    あとは個人でできることといえば、少々面倒ですが廃車手続きをすれば自動車税の還付を受けることもできますし、事故車でも過走行車でも引き取るという業者を探してみるのも良いかもしれません。

    車単位でなくパーツ単位で査定するのが専門業者の特長で、部分ごとに値つけをしてくれるため、引き取れないと言われることはまずありません。

    専門業者と廃車ではそれぞれ異なるメリットがあるので、自分自身がこれならいいと思う方法を選ぶことが大事です。

    たとえ自動車ローンが残っていようと買取業者に売却することは可能です。

    売るとすれば、車を売ろうとしている人が車検証の所有者本人であるときだけですから、実際には難しいかもしれません。

    まだ名義がローン会社になっている場合は、すべての債務の返済が済むまでのあいだは車の所有権は本人にはありません。

    ですから、完済して自分名義にしてからでないと売却はできません。

    ただ、ローン会社の許可さえあれば、業者の提示した買取額をもって返済にあてるということも可能です。

    乗っている車を手放そうとする際には、もし故障しているところがあったらスタッフに言うべきです。

    そうは言っても、前もって修理することはしなくて良いです。

    故障箇所の状態によってはマイナス評価を受けることになりますが、前もって修理をお願いしてから売りに出すのではかえって得にならないことがほとんどなのです。

    車を買い取った後から業者が修理に出すときのお金と個人が修理するために出す費用では、個人で修理に出す方が俄然お金がかかります。

    このようなわけで、査定額に上乗せされる金額では事前修理代金がまかなえないのですね。