トップページ

    このサイトでは高級車の買取で高く売るためにおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「高級車の買取で高く買い取ってくれるおすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    高級車を高く売るために必要なことは、「複数の買取業者に高級車の買取査定の依頼をすること」です。面倒だからといって、1つの業者にだけ買取査定の依頼をしたり、なじみのディーラーで下取りをしてもらったりということをすると、ほぼ確実に高く売れません。

    このサイトのランキングで紹介しているおすすめの車一括査定サイトを利用すれば2、3分で終わる簡単な入力だけで、同時に複数の業者からの買取査定額を比較することができます。少しの手間を惜しんで損をするのはもったいないので、あなたの高級車を高く売るために是非利用してみてください。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車高額買取のための一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい人気のサービスなので安心して使えます。
    登録業者も約1000社と圧倒的な数!最大で50社に高級車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車の一括査定サイトは使うとたくさんの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話連絡はありません。
    勿論、地方対応で利用料は無料です。

    「高級車を高く売りたいから買取相場を知りたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが今乗っている高級車の買取相場が分かる上に、個人情報が他社に渡らないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという今までにない新しいサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札金額を提示するので、高級車を高く売却できる業者がすぐに見つかります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用すると複数社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックを使えば電話連絡は1社だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    高級車の実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話連絡も査定も一度だけで約2000社の車買取業者が入札で買取価格を表示してくれるという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数№1の車査定一括サイト。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力完了後すぐに中古車の概算相場が分かります。「自分が乗っている車は数年落ちだけど高級車の専門店なら高く売れるの?」ということが気になっているのであれば利用をおすすめします。

    査定依頼後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの高級車でも高く売ることができます。

    最大で10社が高級車を査定してくれるので、一番高い金額を提示してくれた買取店にあなたが大切に乗ってきた高級車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグにネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。提携している企業は約200社もあり、最大10社があなたの中古車を査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで実際の査定額の差を比較することができるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年愛用した高級車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも対応してくれますので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前から想像できるように外車・輸入車専門の高級車買取店。
    外車・輸入車を専門にして15年の実績があり、年間取扱台数は輸入車だけで約1500台。もちろん、全国対応で出張査定の費用は完全無料。

    外車王は外車・輸入車に特化した高級車専門店なので、他の買取業者よりも高く売れる可能性があります。
    ですので、まずはランキング上位の車一括査定サイトを利用してあなたの高級車の買取相場を調べてみてください。

    ある程度、高級車の買取相場が分かったら最後に外車王に買取査定をお願いするというのがおすすめです。その結果、他の業者よりも高い買取査定額を出して来れば場合には外車王にあなたの大切な高級車を売却しましょう。






    車買取コラム

    何も中古車販売店に限ったことではありませんが、売買に際して起こる可能性のあるトラブルはいくつかあるでしょうが、それらの中には非常に悪質と言えるケースも存在するのです。

    一例を挙げると、業者が見積もりを出して車を引き取った後から、再チェックで問題箇所が出てきたからなどと理由を付けて買取金額を低くされることもあるのです。

    もっと酷いケースになると、車だけ業者に渡すことになって、引き替えにお金が入らない場合もあるのです。

    このような悪質な業者に出会ったときには、直ぐに最寄りの消費者生活センターなどに相談に行くのが得策です。

    自分で実際に店舗に足を運ばなくても、車の査定をネット上で可能なサイトは数え切れないほどあるといって良いでしょう。

    細かな具体的な見積金額に関しては本当に売却する車を査定してみないことには一台ずつの詳細な算定は不可能ですが、その車の見積金額を一度にたくさんの業者から取り寄せることができますから、自分の車が現時点でどの程度の資産価値があるのかが分かって大変参考になります。

    それにもまして、相場とあまりにもかけ離れた値段を付けた買取業者を除き、それ以外を実際の売却店として考慮することが可能になるでしょう。

    その程度も関係してくるので一般論ですが、煙草の臭いが車内からするときにはマイナス査定になります。

    過去に喫煙したであろう車は、煙草を吸う習慣のない人には売ることは至難の業だからです。

    タバコの臭いが車内からする要因は、車中のどこかに付いているヤニ汚れです。

    査定してもらう前に丁寧に車内を清掃してあげれば、大幅に臭いを抑えることが出来るでしょうね。

    買取業者による実車査定は、雨の日や夜にしてもらう方が良い査定が得られると一般に言われています。

    光の反射がなく車体の傷が目立ちにくいので、担当者が見誤る可能性が高いからです。

    しかし雨天で隠れる程度の小傷が査定に影響するでしょうか。

    それより、査定士の都合さえ良ければ昼でも夜でもなるべく多数の業者から見積りをとるほうが利益は大きいのではないでしょうか。

    業者同士で競合が起きればおのずと査定額も上がってくるというものです。

    10対0で先方に過失があって追突され、外観が大破したり、見た目がそれほどでなくてもシャーシ牽引ともなれば大変です。

    あとになって買取や下取りに出そうにも、事故車ということでガタッと査定額が下がってしまうことがあります。

    では、その損失分を事故の相手方に払ってもらえるのかというと、ケースバイケースとしか言いようがありません。

    また、保険会社としては当事者間で話し合いがついたとしてもそこまで支払い対象にすることはまずありません。

    やむをえず訴訟に踏み切ることも視野に入れた上で弁護士事務所と協議したほうがいいでしょう。

    前の車を中古車買取業者に売却するとすぐ引き取りに来るため、次の車が納入されるまでに時間的な差があるというのは珍しいことではありません。

    週末ドライバーならあまり気にならないかもしれませんが、仕事や通勤などで車が必須であれば必要に応じて代車を用意してもらうことになります。

    実際、代車の手配はどこの買取り業者でも受けてくれるというものではありません。

    車がないなんて考えられないという人なら、代車手配の有無については査定を申し込む前に業者に確認しておきましょう。

    本来ならば車を売るときには、へこみやキズが目立つ車よりもない車の方がプラス査定になるでしょう。

    かといって、素人が個人で直してしまおうと頑張っても、プロの目で見たらごまかしが効かないばかりか却って傷が目立つことがあるため自分で直すのはよした方が無難です。

    誰が乗っても自然に付いてしまうようなごく薄い傷などは、見積もりの段階で問題にならないこともあるのです。

    全くの素人で自動車修理などを手がけたことがなければ、無理矢理自分で補修しようとせずに、そのまま見積もりに出した方が良いかも知れません。

    親友などに愛車を買い取ってもらう場合には、ややもすると支払いの約束などが適当になりがちです。

    愛車を売るのはかなり大きなお金が動いて当然の事柄です。

    どんなに親しい間柄だったとしても、いつまでに車の名義変更をするのかやいくらで売るのか、その支払い方法はそうするのかなど、大切な事柄に関しては書き残しておくと良いでしょう。

    念書に残すのを嫌がる相手では、後々いざこざが起きてしまう可能性があるので、いい加減な気持ちで売買するのはやめるべきです。

    車を手放そうとするときに、中古車買取業者に出すのとディーラーに下取りに出すのとでは、何を第一希望と考えているかでお勧め度が違ってきます。

    簡単に手続きが済むことを優先するならば、楽な方はディーラーです。

    車を売ることと買うことの両方が一緒にできるので、なにより簡単です。

    それとは反対に、所有する自動車をちょっとでも高く査定してもらいたいのであれば買取業者に出す方が良いでしょう。

    一社で納得せずに、多くの買取業者に査定を依頼する事で、一円でも高く買い取ってもらいたいという要求を叶えることができるようになります。