トップページ

    このサイトでは高級車の買取で高く売るためにおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「高級車の買取で高く買い取ってくれるおすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    高級車を高く売るために必要なことは、「複数の買取業者に高級車の買取査定の依頼をすること」です。面倒だからといって、1つの業者にだけ買取査定の依頼をしたり、なじみのディーラーで下取りをしてもらったりということをすると、ほぼ確実に高く売れません。

    このサイトのランキングで紹介しているおすすめの車一括査定サイトを利用すれば2、3分で終わる簡単な入力だけで、同時に複数の業者からの買取査定額を比較することができます。少しの手間を惜しんで損をするのはもったいないので、あなたの高級車を高く売るために是非利用してみてください。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車高額買取のための一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい人気のサービスなので安心して使えます。
    登録業者も約1000社と圧倒的な数!最大で50社に高級車の買取査定依頼をすることができます。

    中古車の一括査定サイトは使うとたくさんの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話連絡はありません。
    勿論、地方対応で利用料は無料です。

    「高級車を高く売りたいから買取相場を知りたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが今乗っている高級車の買取相場が分かる上に、個人情報が他社に渡らないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという今までにない新しいサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札金額を提示するので、高級車を高く売却できる業者がすぐに見つかります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用すると複数社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックを使えば電話連絡は1社だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    高級車の実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話連絡も査定も一度だけで約2000社の車買取業者が入札で買取価格を表示してくれるという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数№1の車査定一括サイト。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力完了後すぐに中古車の概算相場が分かります。「自分が乗っている車は数年落ちだけど高級車の専門店なら高く売れるの?」ということが気になっているのであれば利用をおすすめします。

    査定依頼後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちの高級車でも高く売ることができます。

    最大で10社が高級車を査定してくれるので、一番高い金額を提示してくれた買取店にあなたが大切に乗ってきた高級車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグにネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。提携している企業は約200社もあり、最大10社があなたの中古車を査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで実際の査定額の差を比較することができるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年愛用した高級車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも対応してくれますので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前から想像できるように外車・輸入車専門の高級車買取店。
    外車・輸入車を専門にして15年の実績があり、年間取扱台数は輸入車だけで約1500台。もちろん、全国対応で出張査定の費用は完全無料。

    外車王は外車・輸入車に特化した高級車専門店なので、他の買取業者よりも高く売れる可能性があります。
    ですので、まずはランキング上位の車一括査定サイトを利用してあなたの高級車の買取相場を調べてみてください。

    ある程度、高級車の買取相場が分かったら最後に外車王に買取査定をお願いするというのがおすすめです。その結果、他の業者よりも高い買取査定額を出して来れば場合には外車王にあなたの大切な高級車を売却しましょう。







    買取希望の中古車の見積額が低下してしまう原因には何点かありますが、大きく見積もり金額を下げる要因の一番大きなものは、事故歴や故障歴があって修理したことのある車です。

    車によっては査定金額が0円まで低い金額になってしまうケースもあるので注意が必要です。

    しかしながら、事故や故障で修理してしまうと絶対に「修理歴車」になるというものではなくて、売却予定の車の骨格に相当する部分にまで損傷が及んでいて、その損傷を修理したものが「修理歴車」です。

    一般的に、中古車買取店の大手チェーンなどでは、常時たくさんのキャンペーンを開催していることが多いです。

    キャンペーンのほとんどは車売却の際に受け取ることができますが、キャンペーンの中には無料査定をするだけで対象になるケースもあるのですよ。

    詳細は、ある決まったホームページから無料の中古車査定を実施するとポイントと交換できるなどです。

    見積もりするだけでポイントをもらって、後はそのままでも構いませんので、こんなキャンペーンを行っているのを見付けることがあればぜひ査定してみるとお得ですね。

    車一括査定サイトを利用する際に気を付けなければならない事のひとつに、査定してくれた時に最高額を表示してくれた店舗がそのまま最高だとはいいきれない点があります。

    数多ある中古車の見積もりを比べたときに、平均的な金額よりもずば抜けて高値を出している業者があればちょっと注意した方が良いです。

    中古車買取をその業者で行う際、買取が成立してしまった後であれこれ難癖を言われてしまい現実に買取額を低下させられるケースもあることでしょう。

    車を処分するためにネットの中古車一括査定サービスなどを利用すれば、たくさんの加盟店からの電話連絡が入るでしょう。

    確実な買取額は実物の状態次第で決まるので、お宅へ伺ってもよろしいでしょうかと、言葉こそ違えど内容は同じです。

    時には電話を再三かけてくる迷惑な担当者もいるみたいですから、目に余る場合は既によそで売却済みと言ってしまうのが効果的です。

    でなければ、メール連絡のみで電話連絡が来ないところに限定して見積りを出すというのもお薦めです。

    消費生活センターには例年、何千件もの中古車関連のさまざまな相談電話がかかってきます。

    そして個人から業者への売却に関する事例は多く、全体に占める割合も増えています。

    相談例の一部としては、ウェブの一括査定サービスに登録したところ、夜間や仕事中にも電話がくる、頼みもしないのに訪問査定に来て、帰ってくれないので契約したが解約したいといったものです。

    たちの悪い業者に遭ったり、腑に落ちないことがあれば、契約のトラブル等を専門に受け付けるホットラインなどで相談してみるようにしましょう。

    いくら売却したいと思っていても、査定のためにお店に突然車を乗り付けていくのは良い方法とは言えません。

    相場もわからなければ、よその店の査定額も知らない状態ですから、悪い言い方をすれば業者の言い値になりかねないからです。

    もっとも、良いところもないわけではありません。

    それは、訪問査定を受けるよりも短い時間で売却できるという点に尽きます。

    査定と買取を行う店まで現物を搬入するところまでが済んでいるわけですし、売買契約に必要な書類や印鑑が揃っていれば、店舗に行った当日に契約が終わっているなんてこともあるわけです。

    車を売ろうとする場合には、買取業者に売ることと、ディーラーに引き取ってもらうこと、個人でオークションに自動車を出品して売る方法もあります。

    オークションをするときには、これから売却する自動車の写真や内容の説明をなるべく他人が読んで分かりやすく表記することが後々起こるかも知れない面倒なトラブルを避けることになります。

    できれば、売却成立前に画像だけでなく実物をじっくり見てもらってから契約をするようにしましょう。

    また、それ以外で大切だと思ったことに関しては、念書形式できちんと紙にしたため、署名捺印をして双方で保管するようにすれば後々トラブルになる心配はなくなりますね。

    自動車を査定や見積もりに出す場合に要るものは車検証のみですが、実際に売ろうとするときには幾つか書類を用意する必要があるのです。

    普通自動車を売却するときには車検証のほかに自賠責保険証や納税証明書、リサイクル券、その他に実印や印鑑証明書を用意することになります。

    万が一納税証明書を紛失してしまった時には、普通自動車と軽自動車では再発行をお願いするところは異なってきます。

    売ろうとしている車が普通自動車だったら都道府県の税事務所ですし、普通自動車以外の軽自動車は市役所などが受付窓口になるのです。

    車を売却しようと考えたときに、車体のカラーは大きく見積もりに影響を与えます。

    白色や黒色などの無難な定番カラーは安定した市場人気を持っているので、プラス査定になることが多いです。

    その上、シルバーは定番色であることにプラスして汚れがあまり目立たないからその分人気も高いのです。

    車体の色が定番色以外の場合には、車の評価が高くなることは望めないでしょう。

    いくら査定したときに流行の色だったとしても、買取をしてから実際に次のオーナーの手にわたるまでには流行が終わっている可能性が高いからです。